島根銀行

(金融機関コード:0565)

しまぎんは、お客さまとの温かい心のふれあいを大切にしています。

●
トップ > 個人のお客様 > ためる・ふやす・そなえる > 投資信託

投資信託の特徴

投資信託イメージ

「投資信託」とは多数のお客様(投資家)から集めた資金をひとつにまとめて(これをファンドといいます)、 投資の専門家が国内外の株式や公社債などに分散投資を行い、その運用成果を投資金額に応じてお客様に分配する 「金融商品」のことです。

投資信託のメリット

1.少額の資金で始められます。

投資信託の最大の特徴は、少額からでも始められる「投資」ということです。多数のお客様からお預かりした資金をひとつにまとめて、国内外の株式・債券等に投資しますので、個人の資金力では投資が難しい市場での運用や、多額の資金が必要な高度な運用が可能となります。

2.運用は投資の専門家が行います。

投資には情報の収集や分析が欠かせませんが、個人でこれらのことを行うのは、なかなか難しいことです。投資信託では、投資に関する高度な知識を持った「ファンドマネージャー」と呼ばれる運用のプロが、お客様に代わって運用します。
「ファンドマネージャー」は運用会社に在籍しています。

3.分散投資によりリスクが低減します。

ひとまとめにした資金を複数の投資対象に分散投資することで、ファンド全体のリスクを抑えることができます。

投資信託の特徴

4.いろいろな国や資産に投資できます。

お客様が、世界の株式や債券などに直接投資することは容易ではありません。投資信託なら、さまざまな種類のファンドの中からお選びいただくことにより、ご自分の投資したい国や資産に投資することが可能となります。

投資信託の仕組み

投資信託(契約型)は、投資信託委託会社(運用会社)でつくられ、証券会社、銀行、保険会社などの販売会社や投資信託委託会社を通じて販売されます。

投資信託の仕組み

投資信託のリスクとリターンの関係

一般的には、リスクのことを「危険」と訳されることが多いのですが、投資の世界では「投資に対するリターン(収益)が確定していないこと」、すなわち「収益のブレのこと」をいいます。
価格の変動幅が大きい商品に投資すれば、リターンが大きく変動する可能性が高くなります。このことを「リスクが高い」といいます。

投資信託のリスクとリターンの関係

投資信託の主なリスク

一般的に投資信託商品に含まれると考えられる主なリスクを例示します。各投資信託商品によって含まれるリスクは異なります。各商品の投資信託説明書(交付目論見書)によりご確認ください。

  • 株価変動リスク
    株式の価格は、株式を発行する企業の業績および信用状況等の変化、また内外の政治・経済情勢等の変化の影響を受けて変動します。組入れた株式の価格が下落した場合は、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • 金利変動リスク
    債券の価格は、金利変動の影響を受けて変動します。一般に金利が上昇した場合には債券の価格は下落します。組入れた債券の価格が下落した場合は、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • 不動産投資信託証券(リート)の価格変動リスク
    不動産投資信託証券の価格は、不動産価格、テナントの賃料相場、入居率の変化などによる不動産の資産価値の変化や金利の変化の影響等を受けて変動します。組入れた不動産投資信託証券の価格が下落した場合は、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • 信用リスク
    株式や債券、不動産投資信託証券の価格は、それらの発行者の信用状態の変化の影響を受けて変動します。組入れた株式や債券等の発行者の経営などに重大な危機が生じた場合、また発行者において利払いや償還金の支払いが遅延したり、滞るなどの債務不履行が発生した場合、あるいは発行者の財務状況が債務超過の状態となった場合等は、株式や債券等の価格が下落し、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • 為替変動リスク
    為替レートは、各国の経済状況および政治情勢等により変動します。外貨建資産に投資する投資信託の場合は、為替レートの変動により外貨建資産の円換算価値が変動します。為替レートが円高方向に進行した場合は、組入れた外貨建資産の円換算価値が下落し、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • 流動性リスク
    組入れた株式もしくは債券等の市場規模や取引量が少ない場合や、市場環境が急変し、取引規制が発生した場合等には、お取引ができない、またお取引の執行に支障をきたすようなことにより不利益を被る可能性があります。こうした市場動向や流動性の状況によっては、株式や債券等を期待される価格で売却できず、投資信託の基準価額の下落要因となります。
  • カントリーリスク
    投資対象国、地域において、政治、経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または資本取引、外貨建資産取引等に関する規制が変更された、または新たに設けられた場合には、方針に沿った運用が困難になったり、組入れた株式や債券等の価値が予想以上に下落したりして、投資信託の基準価額の下落要因となります。

投資信託の費用について

当行で取扱う投資信託のお取引には手数料等費用として、以下の項目の合計額がかかります。これらはお客様のご負担となります。

1.お客様に直接ご負担いただく費用

  • お申込手数料
    買付約定日の基準価額に対して最高3.24%(消費税等込)
  • 換金手数料
    ありません
  • 信託財産留保額
    解約・買取約定日の基準価額に対して最高0.3%

2.保有期間中に信託財産で間接的にご負担いただく費用

  • 信託報酬
    純資産総額に対して最高年率1.9008%(消費税等込)
  • その他の費用
    監査費用、信託事務処理費用、組入有価証券の売買委託手数料、借入金・立替金利息などの費用が信託財産から支払われます。

その他の費用や手数料等費用の合計額は、申込金額や保有期間、運用状況等に応じて異なりますので、あらかじめお示しすることができません。個別ファンドの手数料等費用の詳細についてはファンドのご案内及び投資信託説明書(交付目論見書)をご覧下さい。

投資信託の税金について

公社債投資信託・株式投資信託

〈個人の場合〉収益分配金(利子・配当所得)

※元本払戻金(特別分配金)は非課税。
◎源泉徴収税率: 20.315%(所得税15.315%、住民税5%)
◎確定申告:収益分配金は源泉徴収が行われ、申告は不要です。申告により、申告分離課税(譲渡損との損益通算が可能です) が選択できます。株式投資信託は、総合課税(配当控除が受けられます)も選択が可能です。申告分離課税を選択した場合の税率は、源泉徴収税率と同じです。

〈個人の場合〉換金および償還時の差益(上場株式等に係る譲渡所得等として申告分離課税)

原則として、確定申告の対象となります。
「特定口座(源泉徴収ありを選択)」の利用により、申告不要にできます。

口座の種類 税率 源泉徴収 確定申告
特定
口座
源泉徴収あり 20.315%
(所得税15.315%、
住民税5%)
あり
(税率は
左記同様)
不要 当行がお客さまに代わって納税の事務を行います。
源泉徴収なし なし 必要 「年間取引報告書」による簡易な申告。
一般口座 なし 必要 ご自身で取得の日、取得費用を管理し
譲渡損益を計算して、計算明細書を作成。
  • 「特定口座(源泉徴収ありを選択)」をご利用の場合でも、確定申告をすることにより、他金融機関でご利用の特定口座や特定口座以外の口座で生じた損益との通算、損失の繰越の適用を受けることができます。
  • 「特定口座(源泉徴収ありを選択)」をご利用で、「源泉徴収選択口座内配当等受入開始届出書」をご提出いただいた場合は、特定口座内での譲渡損益通算後の損失と、当該特定口座へ受け入れた収益分配金は特定口座内で自動的に損益通算されます。
  • 「しまぎんの特定口座」につきましては、こちらをご覧ください。

〈法人の場合〉収益分配金(利子・配当所得)、換金および償還時の差益

◎源泉徴収税率:15.315%(所得税) 
※元本払戻金(特別分配金)は非課税。元本払戻金(特別分配金)の経理処理につきましては、会計士等にご確認ください。

上記は平成28年1月現在の税制に基づくものであり、今後の税制改正により変わることがあります。
税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。

投資信託ご購入時のご注意

  • 投資信託をご購入の際は、必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」により、内容をご確認のうえご自身でご判断ください。「投資信託説明書(交付目論見書)」は、当行の本支店の窓口にご用意しております。
  • 投資信託は国内外の株式や債券等の値動きのある金融商品(外貨建を含む)を投資対象としますので、投資した金融商品の価格の変動、金利・為替相場の変動、発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。したがいまして、投資元本が保証されているものではなく、また、収益や投資利回りの保証もありません。
  • 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客様が負うことになります。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の保護の対象ではありません。
  • 当行でご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託には、ご購入やご換金可能日に制限があるものがあります。
  • 投資信託のお取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
  • 当行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は投資信託委託会社が行います。
商 号 等   株式会社島根銀行(登録金融機関)
登録番号   中国財務局長(登金)第8号
加入協会   日本証券業協会

詳しくは、お近くの しまぎん 本支店窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

 
▲ページトップに戻る
-----
GET PDF READER

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader又はAcrobat Readerが必要です。
Adobe Readerの最新版はAdobeのサイトから無料でダウンロードできます。

-----
株式会社島根銀行 登録金融機関 中国財務局長(登金)第8号 加入協会:日本証券業協会
Copyright (c) 2009 Shimane bank Ltd. All Rights Reserved.